何も無い時間に情報を

眠いの我慢しながら書き込みます、嘘です

PythonでDiscord Botを実行させる方法

f:id:unknownlife95:20180529123737p:plain
Pythonという環境で簡単にDiscordのbotを実行できますのでやり方を教えようと思います。(Python環境が出来てる前提)


まずDiscord.pyのダウンロードをします。
Discord.pyをpipを使ってインストールします。

python3 -m pip install -U discord.py


そしたら予めブラウザーDiscordにログインしておいてください。
discordapp.com


f:id:unknownlife95:20180528211242p:plain
そしたらDiscordデベロッパーページにあるマイアプリへアクセスして新しいアプリをクリック。
discordapp.com


f:id:unknownlife95:20180528211310p:plain
新しいアプリというページが出るので
アプリケーション名を決めてアプリを作成をクリックしてください。
(アプリケーション名・概要・アイコンは後々変更可能です。)


f:id:unknownlife95:20180529115303p:plain
大成功と出ればアプリケーションの作成が出来たという事です。


f:id:unknownlife95:20180529115917p:plain
そしたら少し下へスクロールするとBotという欄があります。
なのでBotユーザーを作成をクリック。


f:id:unknownlife95:20180529120002p:plain
ADD A BOT TO THIS APP?と出るので実行します!をクリック。


f:id:unknownlife95:20180529120241p:plain
そうするとBot欄の内容が変わります。


f:id:unknownlife95:20180529120549p:plain
トークン:click to revealをクリックするとトークンが表示されるのでコピーかメモしてください。


f:id:unknownlife95:20180529121927p:plain
あとはBotをサーバーに招待ためのURLをコピーするためにOAUTH2 URL GENERATORからOAuth2 URL Generatorをクリック。


f:id:unknownlife95:20180529122233p:plain
そしたら明らかURLがあるのでそのURLをコピーして開いてみてください。


f:id:unknownlife95:20180529122521p:plain
開いてみるとBotをサーバーに呼べるようになるので招待したいサーバーを選択して認証をクリック。


f:id:unknownlife95:20180529122837p:plain
認証が出来たら認証しましたと出るので閉じてもらって構いません。


f:id:unknownlife95:20180529123147p:plain
Botを見てみるとオフラインで何もしません。
なので次はBotを動かすためにPythonファイルで設定していきましょう。


f:id:unknownlife95:20180529121120p:plain
pythonファイル(.py)を作成してください。(ファイル名はなんでも良い)

#coding: utf-8

token = "トークンをここに貼り付け"

import discord
client = discord.Client()

@client.event
async def on_ready():
print('Bot Name:' , client.user.name)
print('Client ID:' , client.user.id)
print('------')

@client.event
async def on_message(message):

# BOTとメッセージの送り主が同じ人なら処理しない
if client.user == message.author:
return

if message.content.startswith('!hello'):
await client.send_message(message.channel, 'こんにちは')

client.run(token)

上記の内容を作成したPythonファイルに貼り付けてください。
貼り付けたら


f:id:unknownlife95:20180529121642p:plain
トークンをここに貼り付けという場所にトークンを貼り付けて保存してください。
そしたら実行してみましょう。


f:id:unknownlife95:20180529123410p:plain
実行してしばらく待つと文字が出てきます。
これでBotが実行されたと思ってください。


f:id:unknownlife95:20180529123643p:plain
ちなみに実行してるときBotオンラインになっています。
あとはBotのいるサーバーでコマンドを打ってみましょう。


f:id:unknownlife95:20180529123737p:plain
コマンドを打ったらBotがちゃんとメッセージを送ってくれました。
これで作成は終わりです、あとは自分でカスタマイズしていってください。


アプリケーション作成とPythonファイルの作成に慣れれば結構簡単です。