何も無い時間に情報を

眠いの我慢しながら書き込みます、嘘です

upkの中身を見る方法

f:id:unknownlife95:20180621095509p:plain
今回はupkの中身を見る方法という事なので見るために必要なソフトウェアである「UE Viewer」の使い方を簡単に紹介しようと思います。


upkの中身を見ると良い事(?)
upkファイルの中身を見たりする事で未実装の内容が含まれていたりどういうテクスチャやモデルがあるか見れるので気になる方には良いと思います(?)


それではUE Viewerの使い方を紹介します。


f:id:unknownlife95:20180621095547p:plain
まずここからUmodel for Win32をダウンロードしてください。(Linuxの方はUmodel for Linuxをダウンロード)
www.gildor.org


f:id:unknownlife95:20180621095554p:plain
ダウンロードしたら解凍してください。


f:id:unknownlife95:20180621095643p:plain
解凍したらumodel.exeがあることを確認してください。


ここから先はumodel.exeを実行していくのですがupk読み込む方法として2つあるのでやり方を教えます。

1つ目は普通にumodel.exe実行する方法です。


f:id:unknownlife95:20180621100237p:plain
upkが含まれているパスを指定してOKを押します。


f:id:unknownlife95:20180621100459p:plain
そしたら指定した先にあるupkを全て読み込んでリスト形式で表示されます。


f:id:unknownlife95:20180621100617p:plain
リストの中から中身を見たいupkファイルを選択すると中身が表示されます。

2つ目はumodel.exeにupkファイルをD&Dする方法です。


f:id:unknownlife95:20180621100925p:plain


umodel.exeにupkをD&Dすると単体でD&Dしてきたファイルのみを表示します。


これでupkの中身を見ることができます。
あとはおまけですがUE Viewerの操作方法を載せておきます。

UE Viewer操作方法

マウス左クリック   表示角度の変更
マウス右クリック   表示距離の変更
マウスホイールクリック   表示位置の変更

ESC   プログラムの終了
H   操作方法を表示(英語)
PgUp, PgDown   読み込むデータの変更
R   表示方法をリセット
O   ファイルを開く
N   各頂点に点表示
W   エッジ表示
M   テクスチャの非表示
S   角度線の表示、追加
B   角度線の名前表示
I   光源面の表示
Ctrl+T   表示中の3Dデータのタグを表示
F   表示位置を中央に戻す
Ctrl+X   テクスチャを2Dファイルで出力
Ctrl+S   Screenshotを出力
Alt+S   背景を透明データとしてScreenshot出力
Ctrl+Q   情報表示の非表示
Ctrl+V   UV?の表示